はじめに・・・

現在、有機還元や化石燃料代替エネルギーなど農業を通じた環境調和も期待されています。これまでは、資源を取る→生産→消費→廃棄という一方通行の生産・消費の繰り返しをしてきました。しかし、このままではいけない!・・ということで、今までの生産・消費の構造を見直し、それを循環を基調とした環境負荷の少ないものに変えていく必要がある。そのような生産・消費構造の循環を基本とした社会にしていく一歩として、有機還元があげられるのではないでしょうか。
そもそも、有機物とはなんだろうか?調べた結果、『有機物とは元々は植物の光合成により生産されたものであり、特に人間がエネルギーを加えなくても微生物の働きによって分解されて元の材料に戻り、再び植物に利用される』ものらしい。つまり、食料や木材、衣服の原料など様々な形で私たちの生活を支えているものは有機物であり、再生可能な資源であります。また、現在では微生物による分解の過程からメタンなどを回収し、エネルギーとして利用しています。
このような環境に優しく再生可能な資源である有機物を効率良く循環利用し、石油などの枯渇資源への依存を減らしていくことが持続可能な社会の実現につながるのではないでしょうか。



主な有機物還元の内容

期待される効果